【映画】グリーン・インフェルノ~あらすじと感想~食人族に襲われる学生たち

映画『グリーン・インフェルノ』あらすじと感想
あゆき
あゆき

今日は『グリーン・インフェルノ』という食人族に襲われた大学生たちを描いた映画のあらすじと感想を書いていくよ

あるふぁ
あるふぁ

環境保護活動とか森林破壊とか少数民族への迫害とか、真面目なテーマを扱ってるんだよね? 私は怖くて観れてないけど……

あゆき
あゆき

うん。真面目なテーマを扱ってるけど、無理して観るものじゃないよ。人が生きたまま食べられたり、解体されたり……

あるふぁ
あるふぁ

うぅ……、無理……

スポンサーリンク

映画『グリーン・インフェルノ』基本情報とあらすじ

タイトル グリーン・インフェルノ
(原題 The Green Inferno)
ジャンル

ホラー
スプラッタ
社会・環境問題

監督 イーライ・ロス
キャスト

ロレンツァ・イッツォ
アリエル・レヴィ
ダリル・サバラ
カービー・ブリス・ブラントン

公開年 2015年
年齢制限 R18+
備考

グリーン・インフェルノ公式サイト

ウィキペディア『グリーン・インフェルノ』解説ページ

あらすじ

大学生のジャスティンは、「考えるな、行動しろ」がモットーの学生クループに誘われ、その集まりに顔を出した。

その集まりで、ジャスティンは、ペルーの密林で乱開発が進められていて、その密林に住む少数民族ヤハ族が迫害を受けている、という話を聞く。

その学生グループは、実際にペルーに行き、乱開発をやめさせるための計画を立てていた。

ジャスティンも次第に興味を持ち、ついには学生グループのメンバーと共にペルーに旅立ってしまう。

密林の奥、乱開発の現場まで行き、銃を突きつけられるなどの危険な目に遭いながらも、学生グループは乱開発をやめさせることに成功する。

帰り道。ジャスティンと学生グループメンバーたちを乗せた小型機が、密林上空でエンジントラブルを起こし、墜落してしまう。

この墜落事故で機長を含む数名が死亡したが、ジャスティンはほぼ無傷だった。

まだ事故のショックが抜けないジャスティンたちの前に、全身を赤く塗った原住民たちが現れる。

原住民たちはジャスティンたちを襲い、自分たちの村に連行した。

異様な雰囲気に恐怖するジャスティンたちの前で、学生グループの一人ジョナが岩の上に寝かされる。

怪我をしていたジョナは、怪我の手当をしてもらえるのかと思ったが、そのまま手足を拘束され、目玉をくり抜かれ、舌を切り取られ、生きたまま解体され、ヤハ族に食われてしまう。

ジャスティンたちは檻に閉じ込められるが、なんとか逃げ出そうと画策する。

やがて、監視のスキを突いて、一人だけ檻から脱出させることに成功するのだが……。

映画『グリーン・インフェルノ』感想

あゆき
あゆき

ネタバレを含みます

活動家の裏の顔

学生グループのリーダーだったアレハンドロは、正義感の強い若者を魅了することに長けていました。

何人もの若者がアレハンドロを尊敬し、リーダーとして崇めていました。

ですが実際は、表面的には正義の活動を行っているように装いながら、裏では企業から金を受け取っていました。

ジャスティンたちが命がけで行った抗議活動も仕組まれたもの。すぐに別の企業が密林の開発を始めました。

全ての活動家がジャスティンのようだとは思いません。ですが、理想を語り、人々の心を掴むのが上手い人の中には、身勝手な目的のために人々を利用する人もいます。

例えば、オウム真理教の麻原彰晃などはその最たる例でしょう。

若くて純粋な人たちを中心に心を掴み、やがては彼らをテロの実行犯に仕立て上げてしまう。

麻原に心酔していた信者たちは、多少の葛藤はあったのかもしれませんが、地下鉄サリン事件などの凶悪事件を起こしてしまいました。

オウム真理教ほどの規模でなくても、金や結婚などが絡んだ詐欺事件には、人の心を掴むことが上手い詐欺師が絡んでいることがよくあります。

言葉巧みに人を惑わし、金をむしり取り、場合によっては命まで。

私としては、詐欺師のテクニック(マインドコントロール)を自己防衛のために学ぶべきだと思うのですが、いかがでしょうか?

なぜ自殺したのか

映画『グリーン・インフェルノ』の中で、檻に閉じ込められた女性が肉を食べた直後に、自ら首を切って自殺するシーンがあります。

なぜ彼女は自殺したのでしょうか。

私、正直申し上げまして、最初は「なんで?」と思ってしまいました。

同じシーンをもう一度観てみて、謎が解けました。

彼女たちが食べさせられた肉。あれは直前に逃げ出して、川辺にあった舟までたどり着いた女性の肉だったのですね。

檻に閉じ込められていた人たちが肉を食べてしまったあと、原住民の子どもたちが何かを身体に貼り付けて遊んでいるシーンが流れました。

あの貼り付けていたものこそ、逃げ出した女性の皮だったのです。

入れ墨が彫られた皮が珍しくて、子どもたちが遊んでいたのでしょう。

自殺してしまった女性。仲間の肉(人肉)を食べてしまったことに気付いて、耐えられなくなり自殺してしまったのでしょう。

人肉って、豚肉のような味がするのでしょうか?

ラストシーン

エンドロールが流れてすぐ、短いカットが挿入されました。

衛星写真にアレハンドロらしき人物の姿が写っている、とのこと。

写真には、全身を黒く塗ったアレハンドラの姿がありました。

「なぜ?」と思いましたが、これはギャグのようなものでしょう。

ヤハ族は、ペルー軍との戦闘で首長(全身を黒く塗っていた男)を喪ってしまいました。

おそらく、ヤハ族の多くの男性が殺されたことでしょう。

そこに残っていたのが、人の心を掴むことに長けたアレハンドロ。

言葉は通じなくても、ヤハ族を魅了し、まんまと首長の座についたのでしょう。

アレハンドロだけは喰われてほしかったのですが、残念です。

続編も?

映画『グリーン・インフェルノ』は続編が作られると語られています。

と言っても、何の続報もないので、本当に作られるかどうかはわかりません。

一応、『Beyond the Green Inferno』というタイトルは発表されていますので、気長に待ちたいと思います。

こちらの記事もどうぞ

404 NOT FOUND | あゆきプラスあるふぁ
インドア派な管理人が、好きな映画や小説などについて語るブログ
【映画】黒い家~あらすじと感想~この人間には心がない
あゆき 今日は『黒い家』というサスペンス・スリラー映画のあらすじと感想を書いていくよ あるふぁ 貴志祐介さんのベストセラー小説の映画版だね。保険営業マンがサイコパスの殺人鬼に狙われて追い詰められていく…… あゆき 正直言うと、原作にないシー...
error: Content is protected !!
?