スポンサーリンク

【映画】悪の教典~あらすじと感想~爽やかイケメン教師の本性は?

映画『悪の教典』あらすじと感想
あゆき
あゆき

今日は『悪の教典』というホラー映画のあらすじと感想を書いていくよ

あるふぁ
あるふぁ

原作は貴志祐介さんの小説。爽やかで生徒たちから人気のある教師が実は……、っていうお話です

あゆき
あゆき

軽くネタバレするけど、なんであんな殺戮行動に出たのか、ちょっと分かりづらかったね

あるふぁ
あるふぁ

原作には詳しく書いてあるらしいけど……。今度、読んでみようかな?

こちらは原作小説です
スポンサーリンク

映画『悪の教典』基本情報とあらすじ

タイトル悪の教典
ジャンル

ホラー

原作

貴志 祐介『悪の教典

監督三池崇史
キャスト

伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
浅香航大
水野絵梨奈
KENTA
山田孝之
平岳大
吹越満

公開年2012年
備考

>>Wikipedia『悪の教典』ページ

スポンサーリンク

あらすじ

蓮実聖司は高校の英語教師。

イケメンで爽やか。男女を問わず生徒たちから人気がある。

他の教師やPTAからの信頼も厚く、完璧な教師そのものだった。

だが、どんなに人気も信頼も厚い蓮実であっても、生きている以上は問題も発生する。

ある出来事をきっかけに、蓮実は本性を現す。

自らの人生を順調に進めるため、蓮実が選んだ手段は、邪魔者を消すことだった。

映画『悪の教典』感想

あゆき
あゆき

ネタバレを含みます

どうしてあんな行動に?

原作小説には書いてあるらしいのですが、未読なので、映画だけで考えてみます。

なぜ、蓮実は学校で生徒たちを虐殺するという暴挙に出たのでしょうか?

蓮実は完璧でした。もはや、学校の支配者になりかけていたと言っても良いくらいに。

蓮実は完璧な自分の世界を壊すものには容赦ない。

うるさい親は殺す。探偵気取りの教師も殺す。とにかく邪魔者は殺してしまう。

そして、問題が起こりました。

学校の屋上で、一人の生徒を殺した直後、別の生徒が現れて、どうやらその生徒は何かに感づいたらしい。

結局、その生徒も殺さなくてはいけなくなりました。

その生徒が戻らないことを怪しまれると、どうしても自分の立場が危うくなる。

「よし。全員殺してしまおう」

こうして、蓮実は生徒たちを全員殺すことを決意したのでした。

というのが、映画だけを観た私の予想です。

「邪魔だな。殺しちゃおう」という考えに至り、それを実行してしまう辺りが、いわゆるサイコパス的な思考ではないでしょうか?

この後、どうなる?

警察に捕まった蓮実でしたが、どうも様子がおかしい。

「神の意志」などと言い出した蓮実。

「狂ってる」と恐れる男子生徒。

一方、女子生徒は「こいつはもう、次のゲームを始めてるんだ」と言いました。

そう、失敗して警察に捕まってしまった蓮実は、今度は『精神異常者として刑に問われないようにするゲーム』を始めていたのです。

この映画『悪の教典』のラストが”The End”ではなく”To be continued”だったのは、『蓮実のゲームはまだ続く』という意味ではないでしょうか?

なんでも、この”To be continued”は監督の三池崇史氏が、原作者の貴志祐介氏に「続編も書いて欲しい」という思いを送ったものだとか。

いつの日か、続編も作られるかもしれませんね。

出所した蓮実が新たな殺戮ゲームを始めるのか?

それとも、蓮実の過去が描かれる、というのでも面白いかもしれませんね。

こちらは原作小説です

こちらの記事もどうぞ

【映画】黒い家~あらすじと感想~この人間には心がない
あゆき 今日は『黒い家』というサスペンス・スリラー映画のあらすじと感想を書いていくよ あるふぁ 貴志祐介さんのベストセラー小説の映画版だね。保険営業マンがサイコパスの殺人鬼に狙われて追い...
【映画】サプライズ~あらすじと感想~謎の集団に襲われる家族。殺戮の目的は?
あゆき 今日は『サプライズ』というスプラッタ系ホラー映画のあらすじと感想を書いていくよ あるふぁ 田舎の一軒家で家族が謎の集団に襲われるんだよね。怖そうだからまだ観れてないけど ...
【2019年5月】Amazonプライムビデオのおすすめホラー映画!観なきゃ損するかも?
Amazonプライムビデオのホラー映画の中からおすすめ作品を紹介しています。ホラー映画のジャンル別に紹介しているので、Amazonプライムビデオを楽しむ際にぜひご利用ください。

 

error:Content is protected !!
?